魔法のレシピ

  • 松本流カブのラザニア風
  • 松本流カブのラザニア風
  • 料理人:「トラットリアパッパ」松本喜宏

■材料

2人前
  • カブ(皮をむいた状態)…400g
  • 鶏ミンチ…150g
  • ピザ用チーズ…100g
  • パルメザンチーズ…20g
  • バター(皿用・調理用)…適量
  • 小麦粉…大さじ2
  • 水…適量
  • 塩…適量
  • コショウ…適量

■作り方

カブのラザニア風
  • 1.カブの分量の半分ずつを3~5mm位の厚さのスライスと残りの半分は、適当な大きさに乱切りする。
  • 2.バターを鍋に入れ火にかけ、鶏ミンチ肉をソテーし、ミンチに火が通ったら乱切りしたカブを加え、塩を少ししてフタをし、弱火で蒸し焼きにする。途中水分が少なければ足す。
  • 3.分位してカブが柔らかくなったら良く潰し、かぶらの葉を1分茹で、みじん切りにして加え、塩、コショウで味を整える。
  • 4.沸騰させた湯に、水で溶かした小麦粉を加え、スライスしたカブを茹でる。
  • 5.耐熱皿にバターを塗りカブのスライスを並べ、ソースをのせ、ピザ用チーズとパルメザンチーズをかけ、その上にまた、カブのスライスを並べ、ソースをのせ、層状に重ねる。
  • 6.最後に、パルメザンチーズ・バターをのせ、グリルで(上下強火)約7分焼けば完成。